カードローンの返済シュミレーションでイメージを掴もう!

カードローンの返済シュミレーションでイメージを掴もう!

MENU
カードローンランキング

カードローンの返済シュミレーションでイメージを掴もう!

カードローンは、高額の融資をすぐに利用することも出来る非常に便利なものです。契約には審査を受けたうえで「融資可能」と判断される必要がありますが、一度契約してしまえば利用限度額の範囲内であればいつでも自由にお金を借りることが出来ます。実際に借り入れをしなければ全く費用は掛からず、必要な時にはコンビニATMなどでも簡単に利用することが出来る為、預貯金などと合わせて「保険」として活用すると非常に便利です。多くの場合、初回契約時でも50万円ほどの利用限度額が付与されることが多い為、ある程度の事態であればすぐに対応できるだけの能力を持つことが出来ます。しかし、カードローンを利用すると「金利」によって「利息」が発生してきます。現在、多くの消費者金融では50万円ならば18%程の金利がかかってきます。これは、50万円であれば年間に9万円ほどの利息が発生することになる為、単純計算で1年利用すると完済するために必要な金額は59万円という事になります。利用年数が長くなれば支払う利息総額は増えていき、場合によっては何百万円もの利息を払わなければいけない状況もあります。また、万が一返済が遅れてしまったり滞ってしまった場合には、そのような事実が「信用情報機関」に登録されます。信用情報機関の情報は加盟している会社であれば簡単に照会することが出来るため、一度の延滞でその後のローン契約の多くを利用できなくなる可能性もあります。数年で情報は抹消されますが、その間は信用取引が出来なくなってしまうとなるとデメリットは非常に大きなものになります。そのような状況に陥らない為に重要なことは、「自分が利用出来る金額を正確に把握する」という事です。いわゆる「返済計画」というものになるのですが、事前にしっかりと返済シミュレーションを行い、自分の収支状況で安全に利用することが出来る金額を把握しておくことは非常に重要です。返済シミュレーションを行う上で大切なことは、「出来る限り悪い状況でシミュレーションする」という事です。例えば、現状において月々に余力として計上できる金額が3万円だった場合、3万円をそのまま返済余力として計算するのではなく、1~1.5万円ほどとして計算して借入可能額を算出します。ギリギリの計算では突発的な支出があった場合に返済が出来なくなる可能性もありますが、余裕を持っておけばそのリスクを軽減することが出来ます。また、シミュレーション以上の返済を行っていけば完済までの期間を短縮することが出来るため、返済総額を少なくすることが出来るので確実性を高めることが可能です。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローンの返済シュミレーションでイメージを掴もう!関連ページ