カードローン【メリット・デメリット大集合!】

カードローン【メリット・デメリット大集合!】

MENU
カードローンランキング

カードローン【メリット・デメリット大集合!】

カードローンには大きく分けて銀行系と消費者金融系、クレジットカードのキャッシングがあります。従来は、銀行のカードローンは審査が厳しいのがデメリットと言われています。ただ銀行によっても対応がまちまちで、インターネット専業の銀行の中には、やはり一定の審査は必要になりますが、借入限度額を低めに設定すれば、パートやアルバイト、専業主婦でも借り入れ可能な場合があります。メリットは、まず、審査厳しい分、利息が抑えられている所が挙げられます。また、銀行の場合は総量規制の対象外なので、認められれば収入の3分の1を超える金額でも借りられる場合があります。借入限度額が高かったり、借入残高が多かったりすると、金利も優遇される傾向があります。まとまった額を借りることで、借入金の一本化も図れるため、返済額や金利を軽減するために使うことも可能になります。消費者金融のカードローンのデメリットは、総量規制のために借入限度額が制限されることです。しかし、借り過ぎを防ぐという点でメリットでもあります。安定した収入があれば、アルバイトやパート勤務でも審査に通ります。ただ、専業主婦や無職の人の場合は認められない場合が多いです。急な出費の場合は、銀行に比べて審査が早いので、所定の時間までに申し込みから契約手続きまでを済ませれば、最短で30分で借りられる金融機関もあります。カードローンと言っても、インターネット上で申込手続きを済ませれば、カードを発行しなくても、メールやサイトの会員メニューから申し込みするだけで、借り入れを済ませられることも所もあります。金利が銀行に比べて高めになる場合が多いですが、初回は無利息期間を設けている所もありますし、計画を立てて余裕がある時に繰り上げ返済をするようにしていけば、返済額や金利を軽減できます。まとめて多額の借り入れをするのではなく、急な出費の対策として使いたい、必要最低限だけ借りて、手元にお金が入り次第すぐに返したいという方は、無理なく利用しやすいと考えられます。もう一つは、クレジットカードにキャッシング枠をつけて利用するものです。デメリットは、消費者金融と同様に総量規制が適用されるので、借入限度額が厳しく制限されている所です。予めクレジットカード会社にキャッシング枠の申請をしておく必要がありますが、学生や専業主婦の場合は認められないこともあります。メリットは提携ATMやクレジットカード専用のATMから出金させて借りることができ、気軽に利用できる点です。借入額に応じて、クレジットカードのポイントが付いてきますので、還元率が高いほど得になります。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローン【メリット・デメリット大集合!】関連ページ