カードローン|契約社員が利用するときの注意点は?

カードローン|契約社員が利用するときの注意点は?

MENU
カードローンランキング

カードローン|契約社員が利用するときの注意点は?

カードローンの9割以上は非正規雇用に対応しているので、契約社員の方でも借りることができます。ただし、正規雇用の会社員と比べると、収入の安定性という点では不利になります。カードローンの利用条件は安定収入があることですが、これは完済まで安定的に収入を得られるかどうかで決まります。一時的に沢山稼ぐことができても、将来的に稼げなくなる可能性がある場合は審査での評価は低くなるのです。芸能人は高額年収でも借りにくいと言われる理由は、来年も確実に売れるという保証がないからです。そうした意味で、安定性において正規社員に負ける契約社員は、審査で不利になるのは否めません。しかし、そこは希望額の調整をすることで、審査の通過率を高めることは可能です。審査の属性として考えたとき、同じ年収500万円なら契約社員よりも正規社員のほうが有利になります。年収は同額でも、安定性において正規社員のほうが優れているからです。そこで、契約社員の方は借入額を少なくして対応するのです。希望額を少なくすれば、ほとんどの方は借入ができます。パートやアルバイト、学生、専業主婦、年金受給者などに対応しているカードローンもあるのです。アルバイト主婦と学生を比較した場合は、主婦のほうが高額融資を受けやすいです。学生は勉学が仕事なので、主婦ほどの年収は期待できません。そのため、主婦が無難に借りいられる金額は30万円、学生は10万円~20万円程度となっています。年金受給者の場合は、10万円~30万円くらいなら融資してもらえることが多いです。契約社員の場合は、パートやアルバイトなどの雇用形態よりは審査で有利となります。ただし、正規社員には負けてしまうので、希望額は50万円程度に抑えておくのがいいでしょう。沢山借りられる方を羨ましく思う方は多いでしょうが、むしろ沢山借りられないほうがメリットは大きいのです。借りられると将来的に追加融資を受けて借入残高を増やし、返済を苦しくしてしまう可能性があります。ローンは自分のお金ではなく借金なので、借入額は絶対に少ないほうがいいのです。自分の口座感覚で借りている方が一番注意するべきなのです。カードローンの借入額は、雇用形態に関わらず50万円以下に抑えておくのが好ましいでしょう。借入額に比例して利息の支払いが増えるからです。主婦は借りた翌月に1回払いで返済する方が多いです。この使い方を意識すれば、借りすぎてしまう心配はありません。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローン|契約社員が利用するときの注意点は?関連ページ