カードローン一覧表|それぞれのカードローンの特徴を知ろう!

カードローン一覧表|それぞれのカードローンの特徴を知ろう!

MENU
カードローンランキング

カードローン一覧表|それぞれのカードローンの特徴を知ろう!

カードローンと一口で表現してもその実態は様々です。金利が低く設定されているものもあれば融資上限を高く設定しているものもあります。また、契約時に必要な場合のある収入証明書の提出条件が50万円、100万円ではなく200万円以上になっているという場合もあります。更には無利息期間などの特典を設けているものもある為、申し込みをする場合には十分な比較検討を行ったうえで「自分に最も合ったカードローンを選ぶ」という事が重要です。その際、候補となるものの情報を一覧表にして比較すると分かりやすくなります。ネット上にもおすすめ度合いや特徴ごとに一覧で紹介しているサイトも数多く存在していますが、そのサイトが作成された時とは状況が変化している場合もあるので全てを鵜呑みにしてしまうと失敗するリスクが高くなります。参考として活用する分には非常に便利なものですが、必ず自身で最新の情報を確認したうえで活用することが大切です。自分で比較表を作成する場合、エクセルなどを活用すると非常に便利です。例えば、融資上限や金利などを表に並べていき、それぞれの条件でソートすれば条件ごとの順位付けが一目瞭然です。関数などを使用できるレベルであれば複数の条件から該当するものを抜き出すことも出来ますし、様々な特典を加味した返済シミュレーションを一括して行うことも出来ます。ネットなどにあるランキング情報などは、ほとんどが主観や外因性の影響を受けています。単純に金利の低い順であるとか融資上限の高い順などのようなものもあります。金利が低い順にランキングを確認できることは便利なように感じるかもしれませんが、本当に重要なことは「実質年率」です。つまり、金利が高いものであっても無利息期間があったり優遇キャンペーンがあるといった場合には、実際の年間利率(実質年率)が低くなる可能性があります。当然、根本的な金利設定が低いものの方が優先度は高くなるのですが、利用計画によっては金利5%のものよりも15%のカードローンの方がお得に利用できるという事もあります。これは実際の計画に合わせてシミュレーションする必要がある為、事前にランキングすることは出来ません。しかし、より少ないリスクでカードローンを利用する為には、そういった違いを自分で計算することが非常に重要です。如何にして返済不能に陥るリスクを減らすかを考えていく上で、如何にして返済金額を減らすのかということが大切なことであるため、状況に合わせて行うシミュレーションは非常に重要です。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローン一覧表|それぞれのカードローンの特徴を知ろう!関連ページ