カードローンの注意点!-カードローンで失敗しないために

カードローンの注意点!-カードローンで失敗しないために

MENU
カードローンランキング

カードローンの注意点!-カードローンで失敗しないために

カードローンのデメリットに関する注意点や問題点は特にありません。これは、カードローンに適用される法律を理解していれば必ずそのような結論になります。 そもそも、少額融資として提供される貸金業者のカードローンは、無担保型のローンとして提供されることになるため、利用するときに保証人を用意する必要がありません。そのため、周囲に迷惑をかけることがないのです。また、融資に関する注意点や問題点も考慮されますが、基本的に少額融資のサービスは法律によって上限が決まっているため、たとえお金を貸す業者であってもその法律を勝手に破ってお金を貸すことはできません。そのため、融資に関するデメリットもないのです。 こうしたカードローンのデメリットや注意点、問題点のすべてをクリアしてくれている法律のことを貸金業法と言います。貸金業法は、お金を貸すことに特化した法律であるため、お金を貸すことに関して生じる可能性のあるあらゆる事態に関して規定が存在します。例えば、お金を借りる消費者は何度もお金を借りてしまうことがありますが、貸金業法には融資の上限に関してお金を借りる本人の年収の三分の一を超える融資をしてはいけないことが規定されています。どれだけお金を借りようといてもそれ以上のお金を借りることができないため、生活に支障が出ることも絶対にありません。 カードローンはカードの引き出しによってお金を借りることになるため、周囲の人に知られないというメリットもあるのです。 カードローンはご利用限度額の範囲で繰り返し借入や返済が可能です。 住宅ローンは住宅の購入資金、マイカーローンはマイカーの購入資金、リフォームローンはリフォーム資金と予め目的が決まっていますが、カードローンでは事業性資金を除けば資金使途は自由です。 生活費でも買物でも旅行でも借りたお金を自由に使えるのは大きなメリットです。 暮らしや生活を続けていく上で利便性が高い代わりにカードローンには注意点があります。 それは足りなくなったからと安易にお金を借りてしまいがちなデメリットがある点です。 カードローンの返済は残高スライドリボルビング返済方式で借入残高に応じて毎月最少の返済額が決まる仕組みです。 この返済方式は毎月最少なので返済が楽だからとつい借り過ぎてしまうデメリットがあります。 気が付いたときにはご利用限度額いっぱいまで借りていたと言う方も多いです。 残高スライドリボルビング返済方式は返済しやすい代わりに、返済期間が長くなり利息分の負担が大きくなる問題点があります。 さらにカードローンの金利はそれ程低くは無い注意点もあります。 金利は消費者金融で上限が18%から20%くらい、銀行で14.6%くらいが多いです。 長期の返済を続けようとすると利息分が膨らむ問題点があるので、手軽な資金を借りて素早く返済する目的の方が適しています。 カードローンをご利用する際はデメリットや注意点や問題点を把握されたうえで、無理のない返済を続けられる計画を立てて下さい。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローンの注意点!-カードローンで失敗しないために関連ページ