カードローンとキャッシング|徹底比較してみた!

カードローンとキャッシング|徹底比較してみた!

MENU
カードローンランキング

カードローンとキャッシング|徹底比較してみた!

カードローンという言葉とキャッシングという言葉は同じように使われるようですが、法的な違いはありません。どちらも融資委の一種であると言うことです。多くの場合には、個人向けの無担保融資を指します。ですから、だいたい同じ意味だと考えておいて良いでしょう。ただ、金融機関によって少し違いがあります。消費者金融がサービスを提供するときにはキャッシングという言葉が使われることが多いです。これに対して、銀行がサービスを提供するときにはカードローンという言葉が使われることが多いという違いがあります。もともと、個人向けの無担保融資の分野では消費者金融が圧倒的に規模を拡大していました。消費者金融は、個人向けの無担保の融資が主な事業だったのです。しかしながら、サラ金や街金などのような悪いイメージがつくようになり、それによって業界としては努力をするようになります。その結果として、キャッシングという言葉が用いられるようになったのです。これによってイメージの払拭がはかられたとも考えられます。銀行はどちらかというと後から参入したと言えるでしょう。個人向けの無担保融資では後塵を拝していたのです。その後、消費者金融を子会社にするなどして業務を拡大させていきます。このときからすでにカードローンという言葉は使われていて、現在でも銀行が個人向けの無担保の融資を行うときには、カードローンという名称が用いられることが多いです。カードローンやキャッシングといったサービスはほかのローンとは金利の面で違いがあります。具体的に言えば、金利が高いです。これはなぜかと申しますと、金融機関側の回収可能性が低いからだと言えるでしょう。これは商品としての特徴と密接に関連しています。カードローンやキャッシングといったサービスは、簡単に借りることができるサービスとして有名です。具体的に言えば、保証人を設定する必要はありませんし、また担保を設定する必要もありません。ですから手軽に借りることができるわけです。しかし、これは金融機関側から見れば、回収可能性が低いことを意味します。これが主な違いであると考えられます。保証人を設定していれば、回収できなかったときには保証人から回収できますし、担保が設定されていれば担保を売却した資金として回収できるわけです。保証人も担保も必要ないと言うことは、返済がなされなかったときには回収できなくなってしまうかもしれません。つまり、金融機関側としては、リスクの高い融資となります。金融機関はリスクに応じて利益を求めようとしますから、リスクが高ければ高い利息を要求します。そのために、カードローンやキャッシングでは金利が高く設定される傾向があるのです。カードローンやキャッシングがほかのローンと違いがある点というのは、この部分は大きいと言えるでしょう。金利が高いということは頭に入れた上で借りるように心がけましょう。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローンとキャッシング|徹底比較してみた!関連ページ