カードローン|アルバイトやフリーターが借りるには?

カードローン|アルバイトやフリーターが借りるには?

MENU
カードローンランキング

カードローン|アルバイトやフリーターが借りるには?

カードローンは仕事さえお持ちなら、ほとんどの方が契約できます。最近は職業や年収、雇用形態などはあまり問われないので、年収で150万円未満のアルバイトやフリーターといった方もよく利用しています。昔は会社員のためのローンと言われていましたが、当時は非正規の方の割合が少なかったからです。非正規雇用が増加した現在では、アルバイトやフリーターの利用者も多いわけです。ただし、契約において注意するべき点はあります。消費者金融から借りるときは総量規制による制限があることです。年収の3分の1が借入できる最高額なので、他の消費者金融からの借入も含めて年収の3分の1以内にしましょう。総量規制を超えて借りることは法的に無理なのです。総量規制の対象外となるカードローンは、銀行や信用金庫といったノンバンク以外となります。審査で問われる条件は、無理なく返済可能かどうかです。返済能力に関しては自分が一番よく把握しているはずなので、確実に返済できる金額以内で申し込みしましょう。総量規制の範囲内だから安全とは限らないのです。家計の状況や返済能力は人により変わってくるため、総量規制の範囲内だから安全とは言えません。大切なのは収支のバランスを把握し、出費が収入を超えないように返済計画を立てることです。アルバイトやフリーターの方は、審査のときに年収を正しく申告しましょう。会社員と偽ったり、年収を多く申告したりする方が稀にいますが、かなりの確率でバレてしまいます。バレずに借りられる方もいますが、契約後にバレないという保証はありません。もし嘘がバレてしまうと、限度額を減らされる可能性がありますし、借入機能を凍結されるケースもあります。カードローン契約には担保と保証人が不要であり、申込者の信用力だけを基準に審査を行っています。嘘は最も信用を落とす要素なので、審査では事実のみを入力しましょう。嘘をついて返済能力を超えた借入をしても、最終的に困るのは自分です。初めて利用するときは信用力がまだ低いので、希望額を大きくするのは得策ではありません。最初は少額からスタートし、コツコツと確実に返していきましょう。そうすれば途中で増額の話を業者から持ち出してくることがあります。ただし、増額が不要ならば枠は今まで通りの金額にしておくべきです。枠を増やすほど借りすぎ、使いすぎのリスクがあるので、必要性のない増枠ならば断りましょう。アルバイトやフリーターの方は、返済できる金額を試算してから希望額を決めるといいです。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

カードローン|アルバイトやフリーターが借りるには?関連ページ