パートでも借りれるカードローン|パートが借りるための条件は?

パートでも借りれるカードローン|パートが借りるための条件は?

MENU
カードローンランキング

パートでも借りれるカードローン|パートが借りるための条件は?

カードローンは申し込みを行うと専用のカードが発行されたり、銀行などの場合は既存のキャッシュカードにローン枠が付けられるローンで、ATMを利用する事でいつでも好きな時に現金を引き出す事が出来る便利なローンです。消費者金融や銀行など多くの金融業者や金融機関がカードローンを用意しており、銀行などの場合は最大で1000万円までの融資を受ける事が出来る金融機関も有ります。また、申し込みをするための条件は、安定した収入と継続している収入が在り、年齢が満20歳以上であり、雇用形態に関係なく、アルバイトをしている学生やパート収入を得ている主婦の人など幅広い人々が利用出来る金融機関や金融業者が多くなっています。尚、パート収入と言うのは扶養控除内のケースが多いため、年収としては103万円以内のケースが多く在ります。そのため、利用限度額も比較的低めになっていることが多く、20万円や30万円を上限としている金融機関が多く在ります。消費者金融は総量規制が在るので、年収の3分の1を超える貸し付けが禁じられており、100万円の収入を持つ場合は、最大で33万円以内と言った形になります。しかし、総量規制には配偶者合算と呼ばれている例外の貸し付けが認められているのが特徴で、収入が少ない主婦などが配偶者の年収と合算する事が出来る仕組みを利用する事が出来るようになっています。尚、配偶者合算を利用する場合は夫婦関係を証明する事が出来る書類の提出と、配偶者の承諾を受ける事が必要となります。会社によっては、配偶者の承諾書の提出が必要な所も在ると言いますが、承諾書を書いて貰うと言うよりも、配偶者と相談の上でカードローンの申し込みをする事が大切です。因みに、カードローンの多くは利用使途が自由になっているため、ATMを利用して引き出した現金は色々な事に利用することが出来ます。パート収入だけでは不足してしまうと言う時など、ローン契約を交わしておけばいつでもお金を借りる事が出来ますし、月々の会計のやりくりの中でも、今月は出費が多くて給料日までの生活費が足りないと言う場合も、ATMを利用すれば現金を引き出して生活費の足しにする事も出来るなどのメリットが有ります。また、カードローンの返済と言うのは月々の支払額を1万円と言った具合に、返済が可能な額を決めて返せるため、出費が多い時などのために契約を交わしている人も多いと言われています。

申し込み数の多いカードローン

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

パートでも借りれるカードローン|パートが借りるための条件は?関連ページ